物流ネット小田原運輸事業協同組合は,神奈川県西部,小田原市を中心とした西湘一帯に拠点をもつ6つの運輸会社で設立した事業協同組合です。お客様のニーズにお応えするため,「輸送コストの低減」と「よりスムーズな配送」を目指して活動を続けております。1998年4月に,多頻度小ロット貨物の共同化に向けた配送センターを稼動させ,新しい物流システムの確立を目指して着実なる発展を続けております。情報ネットワークを構築し,コンピュータ化による集荷管理はもとより,国内最大規模の全自動倉庫を有し,トータル物流業態の開発に取り組んでおります。そして,限りある資源を有意義に活用するための省エネ化,さらには地球に優しい輸送形態のあり方を追求し,「人と貨物と地球環境」によりよい関係をテーマとした取り組みを鋭意進めております。


私達のBNOグループは,最適な輸送サービスを提供するために心のネットワーク「ハートワークで道をつなげていく」ことを基本姿勢にしております。

アイテムの性質に応じて多彩なシステムを導入

多様化するニーズに的確に対応するために配送車にも特別な設備を搭載した車種を多数用意しております。鮮度を保つための保冷車や冷凍車をはじめ,荷を空中からクレーンで積降ろしするユニック車,重量のある荷物をスムーズに積み込むパワーゲート車など,積荷に応じ,より安全で確実な輸送・積込み方法を実現しています。
また,大切な貨物をお預かりしておく倉庫にも,温度を管理した冷凍倉庫や,湿度を一定に保つための空調倉庫,さらにはICなどの精密部品等を全自動で搬入・搬出するオートスタックビルなどコンピュータを駆使しした自動コントロールで製品のお取り扱いには万全を期しております。

【トータル管理システム作業フローを見る】